毛嚢炎は誰でもできますか?

メンズ脱毛Q&A

毛嚢炎は誰でもできますか?

毛嚢炎はヒゲ脱毛をする人によくある肌の炎症です。

誰でもできるわけではなく、個人差がかなりあります。
毛嚢炎はできる人もいるし、できない人もいます。

脱毛後の翌日や翌々日から急に小さなニキビのようなものがたくさんできることがあります。
それが毛嚢炎です。

ヒゲは特に毛嚢炎になりやすいので、脱毛後に白い小さなニキビができたら毛嚢炎でしょう。

レーザーやフラッシュでの熱によって生えている毛が毛穴の中で膨張したりして、
それが抜けた後の毛穴に雑菌がはいってしまったりすることによって毛嚢炎ができます。

脱毛後のツルツルになった肌を汚い手で触ったり、
指で刺激したりするとなる場合が多いです。

髭を触る癖がある人も注意が必要です。

ひげ脱毛のみならず、毛嚢炎は体毛でもできることがあります。

ニキビのように自然に治るのを待つしかないので、
脱毛後は肌をあまり刺激しないことが肝心。

元々ニキビができやすい人は、ニキビと毛嚢炎の見た目の判断が難しいですが、
あまりニキビが普段からでない人が脱毛したエリアににきびのようなものができたら毛嚢炎だと思って間違いないです。

クリニックでは、デルモゾールG軟膏などの炎症を抑える薬が貰えたりするので、
脱毛後はクリームを塗っておくといいでしょう。

脱毛後に肌がかなり赤くなる人は毛嚢炎もおきやすい傾向にあるので、
脱毛した日はお風呂にはいったり、汗を掻くような運動はさけましょう。

これだけは知って頂きたいメンズ脱毛4つの常識

毛の生えるサイクル毛周期について
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと
毛抜きやソイエなどの脱毛器をつかっていると脱毛できない?
脱毛前のムダ毛の処理はどうすべき?日焼けはNGの理由はご存知ですか?
メンズエステとクリニック(病院)の違い
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
メンズ脱毛の料金はいくらかかる?
メンズ脱毛専用サロンも増えてクリニックでも単価が安くなっています。
男の脱毛はまだまだ女性の脱毛より割高。メンズ脱毛の費用の相場は?

TOP