毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)

270*270
白く小さいぷつぷつしたのが毛嚢炎です。

毛嚢炎とはヒゲ脱毛や体毛の脱毛をした際にできるニキビのような炎症です。

小さい白にきびのようなものが脱毛後、
脱毛した箇所に現れたら毛嚢炎でしょう。

毛嚢炎は毛穴に雑菌が入って炎症を起こします。

脱毛後、レーザーやフラッシュで熱膨張した毛が抜け落ちた後の毛穴から雑菌がはいって毛のう炎になるケースがほとんどです。

ニキビの治療薬や、炎症を抑える薬を塗ったり、ビタミンCなどを取ることで多少治りが早くなります。

市販のニキビ薬やオロナインを塗ってもいいでしょう。
フルコートfも毛嚢炎に効く塗り薬です。

かゆかったりしても掻いてはダメです。

ヒゲ脱毛の場合顔にできるので普段にきびができない人が毛嚢炎になると驚かれると思います。
毛嚢炎になって病院にいっても、塗り薬やビタミン剤を貰える程度なので、
自然に治るまで辛抱する人がほとんどです。

出力が強いレーザーやフラッシュだと毛嚢炎になりやすいですが、
出力が弱いと肌の炎症自体も少ないため、毛嚢炎も出にくい傾向にあります。

泥棒ひげもなる人と、ならない人がいます。

ダイオードーレーザーだと出力も強く、毛嚢炎も出やすい。
アレキサンドライトレーザーの低出力だと毛嚢炎はあまりでないという噂もあります。

毛嚢炎ができやすい肌質の人もいますし、そうでない人もいます。
ニキビができやすい人は毛嚢炎にもなりやすいです。

脱毛は熱エネルギーを毛根に与えて、毛乳頭を破壊する行為なので、
肌に軽いやけどのようなダメージは多かれ少なかれあります

そのため、施術時には痛みを感じたり、施術後に脱毛箇所がヒリヒリしたり、赤くなったりするのです。

毛嚢炎ができたら極力触らず、ビタミンCを取ったり、
オロナインを塗ったりしてニキビ同様、自然治癒を待ちましょう。

これだけは知って頂きたいメンズ脱毛4つの常識

毛の生えるサイクル毛周期について
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと
毛抜きやソイエなどの脱毛器をつかっていると脱毛できない?
脱毛前のムダ毛の処理はどうすべき?日焼けはNGの理由はご存知ですか?
メンズエステとクリニック(病院)の違い
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
メンズ脱毛の料金はいくらかかる?
メンズ脱毛専用サロンも増えてクリニックでも単価が安くなっています。
男の脱毛はまだまだ女性の脱毛より割高。メンズ脱毛の費用の相場は?

TOP