永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと

永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと

永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと

パナソニックの脱毛器ソイエ

髭や体毛をソイエなどの脱毛器で引っ張って絡め抜いたり、
ゾーリンゲンのニゲロツィイーザーで抜いたりする方がいらっしゃいますが。

永久脱毛をお考えの方には控えていただく必要があります。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では成長期の毛のメラニン色素のターゲットとして毛乳頭などの組織を焼却して生えてこないようになります。

そのため毛を抜いてしまうとターゲットとなる毛がなく、レーザーを照射してもなんの反応もありません。

空っぽになった毛穴に新しい毛が毛母細胞の分裂によってできるまで、
そしてレーザーのターゲットとなるまでに成長するまでには時間がかかります。

よって、クリニックやメンズエステでは毛抜きによる脱毛をしていた人には、
毛抜きをやめてから2週間から2か月程度期間をあけてくるように言われます。

2週間から2か月とかなり幅がありますが、これはクリニックやエステによって違うためです。

毛抜きを使っている人のを多くはいずれは永久脱毛をしたいという方が多いように見受けられます。
将来的に永久脱毛をしたい場合はなるべくカミソリや電気シェーバーでの自己処理を推奨いたします。

ソイエや毛抜きでの脱毛は毛周期を狂わせるため通う回数が増える

ソイエなどの伸びたムダ毛をローラーで絡め取って抜くタイプの脱毛器やピンセットで抜く毛抜きを使っていると、毛の耐性がついてしまったり、1本の毛穴から2本毛が生えてきたり。

さらには埋没毛といって毛が皮膚の下で成長してしまい表皮を破らないと取り出せない状態になってしまうことも。

毛が斜めに生えたり、毛穴の中で丸まって生えて表面に出てこないなどのトラブルは、毛抜きをしている人によくある症状です。

毛抜きの場合全部抜いてしまえば、ひげでさえ2~3日は生えないでツルツルの状態を維持できます。
「ドッ!」という感じで抜ける毛根もしっかりとしている太い毛は、成長期の場合、毛乳頭の先の毛細血管を痛めてしまい、出血することもあります。

ちなみに、するりと抜ける毛は退行期や休止期の毛です。

そういった毛を抜く行為を繰り返していると毛周期が乱れ、いざ永久脱毛をしたいときには通う回数が必然的に増えてしまいます

現在は、男性の脱毛もかなり安くなってきておりますので、肌を傷める前に、クリニックやエステでの無料カウンセリングやテスト照射などのお試しから施術を受けてみることをお勧めいたします。

これだけは知って頂きたいメンズ脱毛4つの常識

毛の生えるサイクル毛周期について
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと
毛抜きやソイエなどの脱毛器をつかっていると脱毛できない?
脱毛前のムダ毛の処理はどうすべき?日焼けはNGの理由はご存知ですか?
メンズエステとクリニック(病院)の違い
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
メンズ脱毛の料金はいくらかかる?
メンズ脱毛専用サロンも増えてクリニックでも単価が安くなっています。
男の脱毛はまだまだ女性の脱毛より割高。メンズ脱毛の費用の相場は?

TOP