メンズエステとクリニック(病院)の違い

メンズエステとクリニック(病院)の違い

メンズエステとクリニック(病院)の違い

メンズエステとクリニック(医療機関・病院)の違いはやはり、使用する脱毛機の違いやサービス、費用、トラブル時の違いです。簡単に比較いたしましたので以下をご覧ください。

メンズエステとクリニック(医療機関・病院)の違い

費用の違い

費用に関しては、クリニック、メンズエステによって単価のばらつきがかなりあります。

地域によってもだいぶ設定価格が違いますし、クリニックが高い地域もあればエステの方が高い地域もあります。
ただ、気を付けたいのはクリニックの場合、初診料や再診料、薬代が別途かかることがあります。

湘南美容外科は初診料、再診料はかかりませんが、その他の多くのクリニックでは初診料3,150円くらいかかってしまうことが多いです。

パッと見の単価は安いけど、トータルで考えたらメンズエステの方が安かった。なんていうこともあります。

ちなみに大手メンズエステTBCやダンディハウスは年会費が3万円ほど施術費用とは別に必要となります。
脱毛専門のメンズエステでは年会費を取られるところはほとんどないですが、大手はあると思ってください。

最近では医療機関での脱毛もかなり安くなってきていますので、地域別に比較をする必要があります。

キャンセル料

最近クリニックではキャンセル料が発生するところが増えてきています。
脱毛の場合、1か月後2か月後の予約を先に取ってしまう人が多いものの、急な都合の変更や完全に予約を取ったことを忘れてしまうなどの理由で突然キャンセルする人がいるため。

たとえば1時間の施術の予約がいきなり空いてしまうと、本来なら患者さんの施術ができた時間がぽっかりとあいてしまいます。単価を安くしているクリニックやエステでは、その1時間はかなりの損失ですよね。

単価が安いエステやクリニックではお客さんの回転率が命です。

そのため、そういった損失がでないようにというためと、モラルの低いお客さんのせいで他のお客さんに迷惑がかからないようにするために、キャンセル料を設けているのです。

また遅刻でも罰金をとるところもあります。

キャンセル料が発生するクリニックやエステではその内容が必ず契約書や同意書などにかかれているのでよくご確認ください。

勧誘

大手エステでは口コミなどでもよく見かけますが、契約に至るまでの勧誘が結構きついことがあります。
しかし、クリニックや脱毛専門のメンズエステではそこまで勧誘はひどくなく、むしろ何も勧誘されないケースが多いです。

なぜかというと、契約したくない人に対して営業トークに時間をかける労力やその後のクレーム対応の方が大変だからです。クリニックでは特に医療機関ですので、めったに勧誘をかけてくることはないです。

たまに、「他の部位で気になるところはありませんか?」程度の勧誘はありますが、その程度です。
あまり心配しなくても大丈夫ですが、医療機関の場合、契約後のクーリングオフができないこともありますのでご注意ください。

脱毛機

大手エステはニードル脱毛なので比較対象外としても、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の違いや専門医の常駐の有無も大きな違いです。

フラッシュ脱毛でも機能が高く、やけどのリスクがなく、少し練習をすれば誰でも使えるようになるものです。
しかも、永久脱毛効果がしっかりとでるものが多く、全く効果がないということはほとんどないといえます。

ただし、体毛はメンズエステのフラッシュ脱毛でも十分な結果が出せても、ヒゲ脱毛はフラッシュ脱毛では難しく、医療レーザーが好ましいといえます。

なぜなら、ヒゲは体毛に比べ密度も高く、毛穴の深部から生えているため、通常のフラッシュ脱毛機では光が毛根まで届きにくく、出力を上げると毛の密集度が高いため火傷のリスクも高まるため。

そのため、エステでもクリニックでも最初の数回は出力を低くして照射をして様子を見る形になります。
ただ、その加減も難しく、エステでは特に火傷をされるとクレームの対象となり、大きな問題になりかねないため積極的に出力をあげることはしません。

なので出力は低めで通う回数でその分をカバーするしかないのです。

青髭のようなヒゲが濃い人の場合は特にエステでの脱毛は難しいです。
青髭の人はエステでは結果が得られず、結局クリニックで新たに契約するというケースも多いです。

医療レーザーの場合は肌の様子を見ながら医師の診察も受け、やけどしない程度での出力調整が可能です。出力パワーも医療レベルなので結果が出やすいのです。

そういったこともあって、ヒゲ脱毛に関してはメンズエステより医療機関であるクリニックが安心です。

湘南美容外科やメディエス皮膚科クリニックのような無期限・回数制限無のプランがあるところであればなおさら追加料金の心配もなく、通いやすいです。

ただし、体毛についてはメンズエステであっても効果が出るので、料金や通いやすさでメンズエステを選んでもよろしいかと思います。

そのため、脱毛部位によって通う場所を変える人もいらっしゃいます。

それから大きな懸念はどこでもあるのですが、万が一の倒産や閉院リスクを考えると全身脱毛プランのような高額な治療にいきなりチャレンジしないことも重要といえます。

通う部位を分けることによって、予約が取れないなどのリスク分散も可能です。

たとえば、ヒゲ脱毛の場合所要時間は15分程度ですが、胸毛やひざ下など広範囲の部位はまとめて1時間半といった所要時間が必要となります。15分程度の予約ならいつでもスムーズに取れますが、人気サロンや人気のクリニックではかなり早めに予約しないとまとまった時間の予約が取れないこともあります。

そういったことも考えると、複数の部位をはじめての脱毛で1つのクリニックやエステで行うのはいろいろとリスクがあります。

ちなみに、医療機関であるクリニックでの契約は基本的にクーリングオフや返金はやっていないです。
高額なプランの契約をする際はそういった注意事項もくまなく確認しましょう。

トラブル時

メンズエステはたいてい契約している医療機関があるものですが、その医療機関に行く費用の負担はお客様個人によるものです。やけどをした場合でも医療機関での対応となります。

その点クリニックでは、万が一のやけどの際もその場で薬を塗ってもらうことも処方してもらうことも可能です。

またエステの場合、火傷やクレームが発生した場合、営業停止となることもあります。
消費者センターなどを通じて被害届が出ると警察が動くからです。

さらに、永久脱毛は医療行為であるため、なにかいちゃもんをつけられた場合、言い逃れもむずかしいのです。
そういった突然の閉鎖や倒産は小さいメンズサロンではよくありがち。

自己都合の倒産も脱毛専門エステでは数多くあります。

エステを選ぶ際は経営歴やバックの企業など背景も見ておくのが安心です。
そういったことも踏まえると、高額な契約は最初からしないというのはリスクヘッジとなるのです。

ちなみに、脱毛コンシェルジェの立場から言わせていただくと、信頼できるクリニックやメンズエステ選びははっきりいってとてもむずかしいです。特に男性の脱毛に関してもクリニックに関しても口コミはとても少なく、クリニックの口コミは美容整形分野のものばかりで男性の脱毛に関してはほとんどヒットしません。

また人気も口コミも水もので、たとえば人気のクリニックも予約が埋まりすぎて予約がとりにくくなればクレームとなり評判は落ちます。メンズエステしかりです。

ポイントとしては、クリニックの場合、脱毛にしっかりと力を入れている、脱毛専門のプロモーションページがあるところは脱毛の患者に対してのフローがしっかりしているところが多く比較的安心です。

メンズエステに関しては、3店舗以上の店舗展開があり、経営歴が3年以上あるところ、ホームページの運営者情報がしっかりしており、店舗がしっかりあること。マンションの1室などの場合は避けた方が無難です。(店舗ではない場合、倒産や夜逃げも簡単という理由からです。)

安さで選ぶ場合はまずは小さい範囲を6回程度のプランで受けること。
一度に高額な契約をしないのが後悔しないポイントです。

脱毛エステは特別な資格がなくても比較的簡単にだれでも開業することができます。
個人事業主でやっているサロンよりは株式会社にしているサロン、
会社のホームページもしっかりあるサロンが安心です。

そういったことを踏まえて、価格、通いやすさなど複数の面から通うところを決めるのがよろしいかとおもいます。

これだけは知って頂きたいメンズ脱毛4つの常識

毛の生えるサイクル毛周期について
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
永久脱毛をする前の自己処理で注意したいこと
毛抜きやソイエなどの脱毛器をつかっていると脱毛できない?
脱毛前のムダ毛の処理はどうすべき?日焼けはNGの理由はご存知ですか?
メンズエステとクリニック(病院)の違い
毛周期は毛の生えているエリアによって違います。
そのため通う回数や通う頻度は毛のエリアによって変わります。
メンズ脱毛の料金はいくらかかる?
メンズ脱毛専用サロンも増えてクリニックでも単価が安くなっています。
男の脱毛はまだまだ女性の脱毛より割高。メンズ脱毛の費用の相場は?

TOP